Travel

クアラルンプール観光には絶対に外せない!マレーシア国立モスクの魅力をご紹介!

 

 

 

こんにちは!

 

 

今回は、クアラルンプールにある「マレーシア国立モスク」をご紹介します。

 

 

 

 

 

このモスクは別名をマスジット・ネガラといい、マレーシア独立の象徴として建設されました。
1965年に完成し、最大収容人数が15000人、敷地面積は53000㎡と、かなり大きめなモスクです。
白を基調としたシンプルなデザインがとても落ち着きます。

 

 

クアラルンプール駅の近くにあるうえ、さらに周辺には、イスラム美術館やレイク・ガーデン・パーク、チャイナタウンなどの観光スポットもあります。

 

 

ちなみにチャイナタウンについてはこちらの記事でまとめています!

 

 

駅の近くにこんな大きなモスクがあるのですから、どれだけイスラム教がマレーシアの人たちにとって馴染みの深いものであるかがわかります。

 

 

 

 

モスクの周辺

 

どこの観光スポットに共通することですが、売店があります。

 

 

 

 

 

つづいて、モスク入り口です。

 

 

 

 

 

入ってすぐのところには、車やバイクを停めるスペースがあります。(ほとんどがバイクです)
バイクが主要な移動手段なのは東南アジアではもはや当たり前となっていますよね。

 

 

 

 

 

 

 

また、日本では見かけないような遊具もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからが、肝心のモスクになります。

 

 

 

 

 

 

モスクの外観

 

先ほどもふれたように、白を基調としたシンプルなデザインとなっています。
幾何学模様の壁面と周りを囲んでいる噴水も大きな特徴です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外から見える塔みたいなものはミナレットという尖塔です。
73mの高さがあり、上部にはスピーカーがついています。
お祈りの時間にはこのスピーカーから音が流れます。

 

 

 

 

 

モスクの周りの様子もどうぞ!
見た目以上に広いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注意事項

 

・肌を露出した服装では入場できない
男女共通になるのですが、肌の露出はイスラム教ではNGです。そのため露出が多い服装での入場はできません。
入り口でローブを借りることができます。

 

・大声を出してはいけない
モスクは礼拝をする場所なので、見学のマナーもかなり厳しいです。
そのため礼拝を邪魔する行為は基本的には禁止です。
そのほかの禁止行為は、携帯電話での通話、床での寝そべり、飲食、喫煙などがあります。
実際に床に寝そべってしまい、スタッフから注意されました。
いたるところにスタッフがいるので、常に見られているという意識で行った方がよいでしょう。

 

・見学できる時間帯が決まっている
イスラム教徒の方は自由に出入りできますが、それ以外の人たちは見学できる時間帯が決まっています。
実際にぼくたちも着いた時間帯が悪く、調整のために周辺を散策しました(笑)
なので、あらかじめ確認してから行くようにしてください!
イスラム教徒以外の方が見学できる時間帯は以下のとおりです。

土曜日〜木曜日 : 9:00〜12:00、15:00〜16:00、17:30〜18:30
金曜日     : 15:00〜16:00、17:30〜18:30

 

 

ちなみに、入場料はかからないので、そこは安心してください!

 

 

 

 

モスクの内部

 

受付を済ませ、露出の多い服装の方はローブを着て、中に入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

全体のマップです。

 

 

 

 

 

とにかく、床がめちゃくちゃ綺麗です。
光が反射して、透明感も半端ないです。
素人ながら、神聖なところであることはすぐにわかりました(笑)

 

 

 

 

 

そして、基本的には照明がついていません。
太陽の光で内部が照らされるようになっています。
そのため、昼間でも薄暗いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで内部の見どころを紹介します。

 

 

 

 

 

それがこちらの礼拝堂です!
礼拝堂の内部には入れないので外から見学するかたちになります。

 

 

 

 

 

写真だとかなりわかりづらいのですが、こちらの礼拝堂は18点の星型の形状になっています。
マレーシアの13の州、イスラムの5つの柱を表して18点です。

 

 

ちなみにこのイスラムの5つの柱とは、以下の内容になります。
もっとくわしく知りたい方はこちらをご覧ください!

・信仰告白(シャハーダ)
・礼拝(サラート)
・喜捨(ザカート)
・ラマダーン月の断食
・巡礼(ハッジ)

 

 

天井がシンプルな白なのに対して、床には赤い絨毯が敷かれています。
あえて天井と床を対照的にしているのでしょうか、、、

 

 

あと、今回は行きそびれてしまったのですが、歴代のマレーシアの政治家のお墓もあります。
英雄の墓という名前で、4人の歴代の首相や副首相が眠っています。

イスマイル・アブドゥル・ラーマン(元副首相)
アブドゥル・ラザク・フセイン(第2代目首相)
フセイン・オン(第3代目首相)
ガファール・ババ(元副首相)

 

 

ほかにもパンフレットが置かれていたりと、観光客への案内はしっかりしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

・白を基調としたつくりになっており、全体的に落ち着いた雰囲気がある。

・肌の露出がある服装、大声での会話、寝そべりなど、イスラム教の戒律に反する行為は禁止されている。

・最寄り駅から徒歩3分なうえに、周辺には他の観光スポットもあり、かなりの好立地である。

・スコールが降る可能性があるので雨具の準備はしておいたほうが良い

 

 

 

いかがだったでしょうか?
個人的には、マレーシアのモスクの中でダントツでトップです。
アクセスの良さに加え、外国人観光客も多いのでイスラム教徒ではないことに引け目を感じることなく観光を楽しめます!

 

 

 

では、また!

 

 

 

YUKI

-Travel
-, ,

© 2022 YUKI BLOG Powered by AFFINGER5