Travel

広島のB級グルメといったらここ! でんがくの「ふくもと食堂」

 

 

こんにちは!

 

 

前回に引き続き、今回も広島のご当地グルメを紹介します。

 

 

今回ご紹介するのは、「ふくもと食堂」というお店です。

 

 

こちらの「ふくもと食堂」は、創業70年を超えている老舗です。
B級グルメとしても知られている、でんがくというホルモンで有名です。

 

 

 

 

 

 

店内は常に混雑しており、地元のサラリーマンの方や職人の方が多いような印象を受けました。
多くの常連さんがいる、地元の方に愛されているお店であることがわかります。

 

 

また、わたくしのように広島に旅行で来た人たちも多かったです。
有名人のサインも多くあります(広島カープの選手のサインが多かったように思います)。

 

 

個人的に驚いたことは、まず料理の提供スピードがかなり速いことです。
わたしが行った時間帯はちょうどお昼のピーク時で混んでいたのですが、5分くらいで料理がきました。
おそらく今まで行ったお店の中で1番提供スピードが速いです。

 

 

あと、厨房で外国人の方が働いていました。
見た感じヨーロッパ系の綺麗な女性の方々です。
なぜ彼女らが働いているのかは疑問ですが、外国の方々をも惹きつける魅力がこの「ふくもと食堂」にはあるのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、料理の紹介にいきます。

 

 

オーダーしたのは、「でんがくうどん」とてんぷら全種類(ホルモン)です。
「でんがくうどん」は、税込で500円、てんぷら各種は税込で100円となっています。
ちなみにですが、てんぷらは自分の好きなものを取っていってまとめて清算するバイキング形式です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論からいうと、めちゃくちゃ美味しかったです。
お店が常に混雑している理由がわかります。

 

 

なんといっても、「でんがくうどん」です。
でんがくが想像以上にうどんの中に入っていて、驚きました。
うどんよりもあるのではないかというくらいのかなりの量で、余裕で満腹になります。

 

 

また、食感はコリコリした感じに近いです。
全体の味付けは、あっさりしていて、アクセントとして唐辛子の辛さがあってちょうどいいくらいです。
辛いのが苦手な方でもまったく問題ありません!

 

 

てんぷらは、すべてに共通することですが衣の量が多いです。
この衣の甘さがタレの濃さといい感じに合います。衣のサクサク感もたまらないです。
白肉(牛の第1胃袋)、ハチノス(牛の第2胃袋)、センマイ(牛の第3胃袋)、ビチ(牛の第4胃袋)、チギモ(牛のレバー)と、どれも初めて聞くものばかりです。

 

 

ちなみにですが、駐車場はあるのですが、台数がかなり限られています(数台ほど)。
お店の駐車場はあまりあてにせずに、近くのコインパーキングを利用するのがオススメです。
ちなみにですが、わたくしは歩いて5分ほどの距離にあるコインパーキングを利用しました。

 

 

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

 

ふくもと食堂」、有名なB級グルメを堪能できるだけでなく、地元の方々に愛されているお店の優しさも感じることができます。
ほんとうにびっくりするのですが、来店されるお客さんが全然途絶えないのです。
広島に行くご予定のある方、行くことをご検討されている方はぜひチェックしてみてください!

 

 

ぜったいに期待を裏切らないでしょう!

 

 

では、また!

 

 

YUKI

 

 

 

ふくもと食堂
〒733ー0025
広島県広島市西区小河内町1-20-8

TEL/ 082-232-7080

営業時間/ 平日 10:00~17:00
      土曜日 10:00~18:30

定休日/ 日曜日

-Travel
-, , , ,

© 2022 YUKI BLOG Powered by AFFINGER5